これまでの月刊ルキチャン

「電脳くろにか」で気楽に始めた月刊ルキチャンが151回で、12年7か月の連載を終えました。

読んでくれていた友人が、「月刊ルキチャンは仁穂さんの長い長い自己紹介でした」とコメントしてくれて、ああなるほどそうだったのか、確かにその通りだと深く納得しました。

ご愛読して下さった皆様、どうもありがとうございました。

安心してください。ルキは今日も元気です!

(読む順番は、左から右へ読んだら下の列に行ってください。下に行くほど新しいです) 。

終わったのに、3点追加しました、一番下の列です。

                       2016/12/05


ちょっと休憩


また休憩



ひと休み



左から、vol.135, vol.136, vol.137なのですが、vol.136は解説がないと分かりませんよね。

叔母は、蛹になって羽化するのが見られたら楽しいだろう、との叔母心でアオムシを郵送してくれたのです(ブロッコリーは青虫のエサとして)。

世話をしているうちに可愛くなってきましたが…アオムシマイコバチに寄生されていたらしく、とんでもなく恐ろしい結果になってしまいました。

              



終わったはずの月ルキですが、臨時号です。

番外編と言いながら、番号あります。

左から№152、№153、№154です。